Archive for the ‘未分類’ Category

自宅で楽しむには

 

 

海外ではタラソテラピースパを楽しむことができますが、自宅でも気軽に楽しむことができます。日本では毎日湯船につかる人が多いですが、タラソの入浴剤を湯船のお湯に入れることで気軽にタラソテラピーを楽しむことができるのです。入浴剤であれば毎日手軽に使用することができるということが魅力です。入浴剤を利用することで海のミネラルを体全体で吸収することができます。ミネラルを吸収することで代謝をあげることができ、豊富なミネラルによって美肌や発汗促進、老廃物の排出促進などいろいろな効能を期待することができるのです。自分で何かをする手間がかからないので、つかるだけでいいということが魅力です。

 

また海藻パックも行うことができます。顔に塗って決まった時間放置するだけでタラソテラピースパで受けるようなパックと同じ効果を得ることができるのです。海外まで行ってタラソテラピースパを受けるのは時間もお金もかかりますが、自分で行うことで好きな時間に短時間で行うことができるのです。費用も少なくて済むということが魅力です。あいている時間をうまく使って美しくなることができるのです。身体が必要としているミネラルを気軽に取り入れることができるので非常に人気があります。

日本のタラソテラピー施設について

日本のタソテラピーでは日帰りで楽しめる他、せっかくだから泊まっていきたいと

 

いう方の為にも宿泊もできます。

 
また、タラソテラピーに少しでも近づける為に海の近くに設備してあり素敵な景色

 

を眺める事もできてゆっくりリラックスができます。

 
メインである新鮮な海水のタラソプールですがリラックスがでいる温度設定になっ

 

ていて様々なアトラクションが設置されています。

 
浮力や抵抗・水圧・ジェット水流の体をほぐしてくれる設備で一通り楽しめるので、

 

自分が気に入った所を見つけるのも良いです。

 
タラソプールで楽しんだら、目的別の施術を受けれます。

 
タルゴラグーナという身体の活性と熟睡などの生活習慣病予防を目的としたもの、

 

タルゴ製品を使用したフェイシャルやボディコースなどのたくさんのコースがありま

 

す。

 
ピシーナジェットという水流を使った水中での運動や、海藻パックアルゴパックとい

 

うで全身をパックする女性ならではの美容設備もあります。

 
パックは新陳代謝の促進をするものなので、プールで疲れた体に暖かいパックを

 

して頂く事で全身をリラックスできます。

 
そして、このような設備やコースの他に気候療法ウォーキングというものがあって、

 

こちらは朝食前に行います。

 
2本のポールを突きながら後方に押し出しす力を推進力にするので普段の歩き方

 

よりも疲れを感じないので長時間ウォーキングできます。

 
そしてホテルでの食事ですが、地産にこだわっているのでカロリーコントロールと

 

必要な栄養を厳選した食材を提案したメニューを出しています。

世界のタラソテラピー施設について

 

af9920074311l

 

 

タラソテラピーとは日本語にすると「海洋療法」のことで、海水や海草、海泥、海洋気候を利用して健康的になる療法のことです。
世界各国では盛んにタラソセラピーが行われていて、特にフランスではタラソテラピーセンターで行う治療に関しては健康保険が適用されるようになりました。
フランスの海外線のほぼ全域にはタラソテラピー施設が存在し、医療や健康、美容といった美しく老いるということをテーマに治療を受けることが可能です。
またドイツでは短い海岸線に66地域もの州政府が指定した海洋療法地があります。

 
19世紀後半ごろから健康や医療のために治療が行われており、大変歴史がある治療法です。
一方、日本でも近年になってタラソテラピー施設が増えてきました。
日本で始めて青森県にタラソテラピー施設が建設されて以来、沖縄県や愛知県といった海に面している地域で続々と施設がオープンしています。
日本でも、健康促進と美容ケアといったポイントに重点を置いて、リゾートのついでに施設を利用してもらおうという試みがなされています。
まだまだ認知度の低いタラソテラピー施設ですが、忙しい現代人の健康や美容ケアを行う施設としてこれから注目を集めていくことでしょう。

タラソテラピースパについて

 

af9920074311l

 

タラソテラピーとは、海洋療法と呼ばれるもののことでギリシャ語で海という意味のタラサと、フランス語で療法と言う意味のセラピーを合わせた言葉です。海洋性気候のもと、海水、海藻など海のざまざまな資源を活用して、人間が本来持っている自己治癒力を高めていくと言う自然療法です。海水の成分は人間に血液のミネラル分と似ていて、海水に浸かることで新陳代謝の向上効果、それによってむくみが取れたり、デトックス効果があるとされています。タラソテラピースパは塩化物泉で体を温める効果が高く、血液の流れをよくして、筋肉をほぐす効果があるため、神経痛や筋肉痛、関節痛、運動麻痺、打ち身、慢性消火器病、慢性婦人病、疲労回復、健康増進にも効果があるとされ、日本国内でもこの療法は取り入れられていて、様々な治療やリハビリテーションに活用されています。温泉施設やトレーニングジムなどに併設されているところもあり、治療やリハビリテーションの目的などのほかに血行促進によって美肌効果を期待した美容目的、ストレスの解消、デトックス効果による生活習慣の改善や予防、ダイエット、スポーツ選手のトレーニングなどと言った広い目的でもタラソテラピーが利用されてきています。

クリキネジセラピーについて

タラソテラピーは、海水や海草、泥などを用いた海洋療法のことで、フランスでは古くからなされてきた自然療法のひとつです。もともとの意味は、健康の維持や療養のための海水浴をあらわしています。

 

タラソテラピーの効果としては、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムなどの豊かなミネラルを含む海水を利用して、その恩恵によってさまざまな効果を得ることができることです。その効果は、まずは新陳代謝の活性化や循環器の促進、また神経系改善、リラックス効果や美容効果、疲労回復など多岐にわたっています。スポーツ選手がリハビリに利用することもあります。

 

そんなタラソテラピーですがいくつかの種類に分けることができます。その中でハイドロセラピーやアルゴセラピーなどがありますが、それ以外にクリキネジセラピーという種類もあります。これは、気候療法と呼ばれるもので、海水ミストを用いて海の気候を再現した暗室内でリラックスして呼吸をする方法です。海水の殺菌効果により自立神経や気管支系を改善してくれます。海水はもともとヒトの体液や妊婦の羊水に近いといわれています。ですので海水を感じるだけで安心感が得られます。海の空気の中で運動やリラクゼーションを行うことは自立神経のバランスを整えるためにとても有効です。

 

キネジセラピーについて

温海水を利用した水浴、あるいは海底泥や海藻など、海に関連する素材を病気の治療や健康維持に活用した治療法をタラソテラピーといいます。ヨーロッパでは医療の一環として盛んにおこなわれている施術方法です。地球表面の4分の3にも及ぶ海は古代から命の源として信奉を受けてきた存在ですし、実際に人間の血液のミネラルバランスは海のそれにとても近いのです。

 

海水そのものは浮力が大きいため、関節や下半身などに余計な負担をかけることなく、より効果に運動などの療法を行っていけるという利点もあります。そんな温海水を利用したタラソテラピーは大きく4種類に分けることができます。

 

水治療法のハイドロセラピー、温熱療法のテルモセラピー、気候療法のクリマセラピー、そしてもうひとつが運動療法のキネジセラピーで、これは運動の刺激を利用することで、身体の機能回復をさせ、維持し、そして向上させます。また自律神経などを調整する運動療法です。これは陸上と水中の両方で行っていきます。海水中においては、水の浮力や抵抗、水圧などの刺激があります。またそれとともに含まれる塩分によっておこる反応も利用する療法です。個室などで行われるマッサージなどもこれに含まれます。

 

 

アルゴセラピーについて

アルゴセラピーとは海水や海藻を使った美容療法で、タラソテラピーのメニューの一つとして知られています。

 
海藻に含まれるミネラルを活かし、リラクゼーションや美容、健康増進などに作用する自然療法で、海藻療法とも呼ばれます。これに使われる海藻は、非常に細かく粉砕されているためきめが細かく、肌ざわりもなめらかなのが特徴です。

 
施術方法は、全身パックのように海水と海藻を混ぜた泥状の液体を全身に塗布し、そのまま時間を置きます。しばらくすると液体が固まって肌表面の熱を奪い、体を冷やすため、ビニールや温熱マットなどで体をくるんで温めます。 温めるとミネラル分の浸透が高まり、代謝を促進します。 最後にシャワーで全身を流して終了です。一回の施術は、およそ30~50分程度かかります。

 
都内のあるエステサロンでは、会員料金で16,800円程度、非会員でも2万円弱で施術できます(共に50分)。また、30分程度の短時間パックなら3,000円程度から手軽に施術できるサロンもあります。

 
主に期待できる効果は、ひきしめ、うるおいなどの美肌効果、代謝促進、痩身、デトックス、血行改善などがあり、近年ではスポーツ選手のコンディショニングにも用いられます。

 

ハイドロセラピーについて

 

 

海水は、人の体への健康効果が実証されており、筋肉の弛緩作用や殺菌効果、内分泌系や自律神経の機能を正常化するなど様々な効能があるのです。また、海水の他にも海藻や海底の泥を利用した健康法があり、これらをタラソテラピーと言います。世界各国で海のセラピー効果を利用した、医療や美容、健康促進、ヒーリングが取り入れられて活用されています。

 
そんなタラソセラピーはおよそ200種類もの形があり、ハイドロセラピーと呼ばれる水治療法もその一つです。海水療法の中でも、最も効果が期待できる療法であり、海水の圧力や成分が体への刺激となって様々な健康効果を発揮します。日本ではまだ、外国の様な医療機関での開発は進んでいませんが、美容業界ではサロンでのサービスとして長く提供されて来ました。
温海水ジェットを体に当てる水圧マッサージには、筋肉の緊張をほぐしてセルライトの分解を促進して痩身に利用したり、海水の美肌効果を利用して肌の活性化にも繋がります。その他にも海水の使い方として、温海水と冷海水を利用したフットバスで足の血行を促進し、全身の血流改善をおこなう方法もあります。プール全体をぬるめの海水にして、水中エクササイズにより新陳代謝を促し、脂肪の分解や老廃物の排出を目的とした施設なども、美容効果が期待できます。

タラソテラピーの歴史について

タラソテラピーの歴史は紀元前からで、古代ギリシャ、ローマ時代の温かい海水に

 

よる利用から始まりました。医学の祖であるヒポクラテスが治療としての海水浴を提

 

唱し、哲学者のプラトンもその治療を受けていました。このように一般的に命名さ

 

れる前から人類は海の持っている自然的治癒能力の力に気が付いていたので

 

す。近代の歴史ではイギリスのラッセル医師がまとめた海の水の効能について書

 

かれた論文が、初めての医学的な論文とされています。

 

その後フランスのルネ・カント氏の海の水と人間の血液成分がとても類似点が多い

 

という証明や海温水の治療効果などの実験がなされました。

 

19世紀にはフランスのルイ・バゴ氏が海温水を用いた世界初のセンターを開設

 

し、リハビリテーションやリウマチの治療に実績をあげています。

 

ヨーロッパを中心に、自然療法として多くの人に受け入れられているのです。

 

日本でもそれらの施設ができることによって、エステサロンだけではなく、自宅で好

 

きな時に楽しめるような商品も販売されています。

 

このように、長い歴史を経て受け継がれてきた海温水は、治療目的だけでなく、

 

リラクゼーションや美容の分野においても、多くの人々に受け入れられているので

 

す。