キネジセラピーについて

温海水を利用した水浴、あるいは海底泥や海藻など、海に関連する素材を病気の治療や健康維持に活用した治療法をタラソテラピーといいます。ヨーロッパでは医療の一環として盛んにおこなわれている施術方法です。地球表面の4分の3にも及ぶ海は古代から命の源として信奉を受けてきた存在ですし、実際に人間の血液のミネラルバランスは海のそれにとても近いのです。

 

海水そのものは浮力が大きいため、関節や下半身などに余計な負担をかけることなく、より効果に運動などの療法を行っていけるという利点もあります。そんな温海水を利用したタラソテラピーは大きく4種類に分けることができます。

 

水治療法のハイドロセラピー、温熱療法のテルモセラピー、気候療法のクリマセラピー、そしてもうひとつが運動療法のキネジセラピーで、これは運動の刺激を利用することで、身体の機能回復をさせ、維持し、そして向上させます。また自律神経などを調整する運動療法です。これは陸上と水中の両方で行っていきます。海水中においては、水の浮力や抵抗、水圧などの刺激があります。またそれとともに含まれる塩分によっておこる反応も利用する療法です。個室などで行われるマッサージなどもこれに含まれます。