クリキネジセラピーについて

タラソテラピーは、海水や海草、泥などを用いた海洋療法のことで、フランスでは古くからなされてきた自然療法のひとつです。もともとの意味は、健康の維持や療養のための海水浴をあらわしています。

 

タラソテラピーの効果としては、ナトリウムやカルシウム、マグネシウムなどの豊かなミネラルを含む海水を利用して、その恩恵によってさまざまな効果を得ることができることです。その効果は、まずは新陳代謝の活性化や循環器の促進、また神経系改善、リラックス効果や美容効果、疲労回復など多岐にわたっています。スポーツ選手がリハビリに利用することもあります。

 

そんなタラソテラピーですがいくつかの種類に分けることができます。その中でハイドロセラピーやアルゴセラピーなどがありますが、それ以外にクリキネジセラピーという種類もあります。これは、気候療法と呼ばれるもので、海水ミストを用いて海の気候を再現した暗室内でリラックスして呼吸をする方法です。海水の殺菌効果により自立神経や気管支系を改善してくれます。海水はもともとヒトの体液や妊婦の羊水に近いといわれています。ですので海水を感じるだけで安心感が得られます。海の空気の中で運動やリラクゼーションを行うことは自立神経のバランスを整えるためにとても有効です。