タラソテラピースパについて

 

af9920074311l

 

タラソテラピーとは、海洋療法と呼ばれるもののことでギリシャ語で海という意味のタラサと、フランス語で療法と言う意味のセラピーを合わせた言葉です。海洋性気候のもと、海水、海藻など海のざまざまな資源を活用して、人間が本来持っている自己治癒力を高めていくと言う自然療法です。海水の成分は人間に血液のミネラル分と似ていて、海水に浸かることで新陳代謝の向上効果、それによってむくみが取れたり、デトックス効果があるとされています。タラソテラピースパは塩化物泉で体を温める効果が高く、血液の流れをよくして、筋肉をほぐす効果があるため、神経痛や筋肉痛、関節痛、運動麻痺、打ち身、慢性消火器病、慢性婦人病、疲労回復、健康増進にも効果があるとされ、日本国内でもこの療法は取り入れられていて、様々な治療やリハビリテーションに活用されています。温泉施設やトレーニングジムなどに併設されているところもあり、治療やリハビリテーションの目的などのほかに血行促進によって美肌効果を期待した美容目的、ストレスの解消、デトックス効果による生活習慣の改善や予防、ダイエット、スポーツ選手のトレーニングなどと言った広い目的でもタラソテラピーが利用されてきています。